地デジ・Blu-ray・ゲームを、ホームシアターでもっと楽しむ!〜ホームシアター特集〜 - 家電・おもちゃ・オーディオ・楽器情報 通販は、イーベスト






地デジ・Blu-ray・ゲームを、ホームシアターでもっと楽しむ!〜ホームシアター特集〜


Enjoy〜ホームシアターを楽しむ〜

地デジでも5.1chを楽しめる

地上デジタル放送やBSデジタル放送でも、5.1chサラウンドのデータを受信できる番組があります。通常のテレビでは5.1chサラウンドに対応した番組を観ていても、音声はステレオでしか再生できませんが、ホームシアターを導入する事で、5.1chのサラウンドをフルに味わう事ができます。野球・サッカーなどのスポーツ中継や、音楽番組の放送など、迫力の映像とサラウンドでまるでその場にいるかのような臨場感で楽しむ事ができます。

地デジでも5.1chを楽しめる

テレビはどんどんと薄くなってスッキリとしたデザインになってきています。しかしその代償として、テレビのスピーカーの部分が犠牲になってしまっている場合もあるようです。ですので、テレビ的には「大画面で映像はキレイなのに、音がイマイチ」といった不満をを抱えている方も大勢いらっしゃいます。そういう理由もあり、今、ホームシアター人気は高まってきています。

ブルーレイで臨場感たっぷり、迫力の空間を

ブルーレイディスクは、高画質の映像はもちろん、高音質なサラウンドのデータが記録されています。前述のとおり、テレビのスピーカーでは、サラウンドは再生できませんので、ここは是非、ホームシアターを導入してお好きな映画やライブ映像などを体験してみて下さい。ブルーレイに記録された最高の音情報をを余すところなく再生し、音の広がりや重低音で、より臨場感のあるリアルなシーンを味わえます。

▼おすすめのブルーレイソフトはコチラ

ゲームもサラウンドで臨場感UP

サラウンド対応のゲームソフトをホームシアターで楽しめば、ゲームでも立体的な音を体感できるようになりますので、きっといままで楽しんできたお気に入りのゲームも臨場感が増し、何倍も面白くなるはず。サラウンド対応でないゲームも、ゲームモードを搭載したAVアンプやシアターセットなら、家族や友達とのゲームがいままで以上に盛り上がります。


Setting〜ホームシアターをはじめる〜

ホームシアターを導入すると言っても、何が必要でどうやって接続するのかわからなければ、宝のもちぐされになってしまいます。せっかくホームシアターを買ったのに「音がでない」なんて事のないように、『音が出ていく場所』『音が入っていく場所』を把握して、思い通りのセッティングができるようになりましょう。

セッティング例(1):一般的な接続

テレビ・ブルーレイレコーダー・ホームシアター機器の一般的な接続例


上記のセッティングにしておけば

  • ブルーレイレコーダーで再生しているデータ(録画した地デジ放送/ブルーレイソフト)などをサラウンドで楽しめます。
    (HDMI@・HDMIAの2本のケーブルを使用。この場合、テレビとホームシアター機器をつなぐ光デジタルケーブルは不要。)
    ※もちろん、レコーダー側の地デジチューナーで再生している地デジ放送の音声もサラウンドで楽しめます。
  • テレビとホームシアター機器の光デジタルケーブル接続で、地デジ放送をサラウンドで楽しめます。
    (光デジタルケーブルのみ使用。この場合、ブルーレイレコーダーの電源は切っておいてもOKです。)

    ◆ここで、最新規格のHDMI 1.4の新機能『ARC(オーディオリターンチャンネル)』に注目!

    これまで、テレビのチューナーで受信した放送番組の音声をホームシアターで再生するには、上記のように、光デジタルケーブルが必要でした。しかし、HDMI 1.4の新機能である『ARC(オーディオリターンチャンネル)』を用いれば、上図のHDMIAの接続だけで、テレビの地デジ放送の音声をホームシアターで再生できるようになりました。

    ARC(オーディオリターンチャンネル)

    この接続が実現した事により、地デジ放送の音声データをサラウンドで聴くために、わざわざ光デジタルケーブルを準備する必要もなくなり、配線もスッキリ・シンプルにできます。
    ※テレビ・ホームシアター機器・HDMIケーブル共に、HDMI 1.4のARCに対応している必要があります。

  • ホームシアター機器の電源をOFF(待機状態)にしておけば、テレビとブルーレイレコーダーのHDMI接続が有効(一部例外を除く)ですので、録画予約もスムーズにできますし、ホームシアター機器を使用しない場合などに便利です。
    (HDMI@・HDMIAの2本のケーブルを使用。)

セッティング例(2):すべてのソースの音声データをテレビからホームシアター機器へ

すべてのソースの音声データをテレビにデジタル入力する事で、各ソースの音声データをすべて、テレビからホームシアター機器へデジタル出力する接続例

上記のセッティングにしておけば

  • ホームシアター機器の電源のオン・オフで、すべてのソースからの音声のサラウンドをオン・オフできます。一般のご家庭で、常にサラウンド音声で映像を楽しむというのは稀で、ホームシアター機器の電源はオフにしている状態の時が多いものです。ですので、サラウンドで楽しみたいと思ったソースを再生する時に、すぐにセッティングできるこの接続方法はとっても便利。また、『どのソースの音声データもテレビからホームシアター機器へ出力』と統一されるので、分りやすく、混乱が起きにくいのではないでしょうか。
    ※ホームシアター機器の電源をオフにしている時でも、テレビのスピーカーから音声が出力されます。
    ※ARCを使用する場合は、テレビ・ホームシアター機器・及びHDMIケーブルが、ARCに対応している必要があります。

ご紹介したセッティング例を参考に、ご家庭の環境にベストなセッティングを探してみてください。


Search〜ホームシアターを探す〜

一言に『ホームシアター』と言っても、テレビ台がそのままホームシアター機能を備えているラックシアターや、小型で省スペースなフロントサラウンドシステムなど、ホームシアターには様々なタイプのものがあります。ご家庭での用途やスタイルにあわせて、お好みのホームシアターをお選び下さい。


手軽に導入できるホームシアター:複雑な配線もなく、手軽にサラウンドを楽しめるモデル。

ラック一体型(シアターラック)

テレビ台とホームシアターが一体となったモデル。ウーファーをはじめとする内蔵スピーカーで、本格的なサラウンドを楽しめます。BD・DVDなどの再生機器やゲーム機の収納スペースもあり、テレビ台としての役割もしっかり果たします。まさに1台2役のすぐれもの。

ラック一体型(シアターラック)を探す
フロントサラウンド

前面に配置したスリムスピーカーのみで、サラウンドを楽しむ事ができます。スピーカーが出す音の位相を変化させたり壁や天井に音を反射させて後方から聞こえるようにするなどの手法により、立体的なサラウンドを実現させています。とっても省スペースで、スタイリッシュ。配線もカンタン。

フロントサラウンドを探す

シアターパッケージ

アンプやウーファー・スピーカーがセットになっているモデル。お手頃価格のパッケージも多く、2.1ch〜5.1chまでラインナップも充実。セットになっているので配線も迷うことなく簡単に設置できます。複数のスピーカーでサラウンドを楽しむ、ホームシアター入門機としてもオススメです。

シアターパッケージを探す
サラウンドヘッドホン

サラウンドを楽しむ事のできるヘッドホン。5.1ch、7.1chを擬似的にステレオヘッドホンで再生する事でサラウンドを実現しています。夜間でも大迫力で映画やゲームが楽しめるのが魅力!煩わしい配線・設置や騒音の心配もありませんので安心して、思う存分サラウンドを堪能できます。

サラウンドヘッドホンを探す


本格的に楽しむホームシアター:自分流に、最高の空間をアレンジ。

AVアンプ

音声と映像を司る、言わばホームシアターシステムの核。高クオリティでの音と映像を楽しむためには欠かせない存在です!今やAVアンプは、3D映像の伝送やオーディオリターンチャンネル(ARC)に対応した最新規格「HDMI 1.4」搭載の機種がほとんど。ネットワーク機能も充実で、機能も多彩です。

AVアンプを探す
ブックシェルフスピーカー

ホームシアターシステムの中で、主にフロントスピーカーやリアスピーカーとして使用されるスピーカー。セッティングの自由度が高く、テレビラックやスピーカースタンドと組み合わせて、お好みのポジションに配置しやすいです。ベストな位置を見つけて、最高のサウンドを!

ブックシェルフスピーカーを探す

トールボーイスピーカー

ブックシェルフ型同様に、フロントスピーカー・リアスピーカーとして使用されるスピーカー。背の高いその形状から、「トールボーイ」と呼ばれています。脚台があって床置き出来るものが多いので、特にリアスピーカーとして使う場合はブックシェルフ型に比べて設置もしやすいです。

トールボーイスピーカーを探す
センタースピーカー

モニタの真上や真下に置かれるスピーカー。映画では主にセリフや歌声などの音声を再生します。セリフはきちんと聞き取りたい部分ですので、はっきりとクリアに再生するためにも、センタースピーカーが重要になってきます。

センタースピーカーを探す

サブウーファー

重低音成分を再生するスピーカー。迫力のあるサウンドを実現します。また、低音には空間の大きさを再現する効果もあり、より臨場感が増します。映画を鑑賞する際は、主に爆発音などの効果音で迫力の違いが体感できるでしょう。

サブウーファーを探す
プロジェクター・スピーカー

プロジェクターは、BDやDVDなどの映像を大画面に投影するもの。主に液晶方式・DLP方式という2種類の投影方式があり、DLPは高画質、液晶は低価格というのが一般的です。スクリーンは投影された映像を映し出すモニタとなります。より大きな画面サイズで、映画などを楽しめます。

プロジェクターを探す  スクリーンを探す


Pick up〜オススメのブルーレイソフト〜

サラウンドを存分に堪能できる、オススメのブルーレイソフトをご紹介!
聴きどころは、爆発時の重低音やその後に粉塵が飛び散る場面。また、風・虫の羽音・服の擦れる音・足音・微細な生活音・水など、静寂な場面での環境音の表現もリアルです。是非、ホームシアターで体感してみてください。