ミシンの選び方 - 家電・おもちゃ・生活家電情報 通販は、イーベスト






ミシンの選び方

ミシンの種類 ミシンの機能 ミシンの比較


電動ミシンは電力の大小で早く動かしたりゆっくりにしたりするとてもアナログなミシンです。
ゆっくり=低電力、速い=高電力なので速いほどパワーが出ます。

縫い目パターンもいろいろありますが微調整はできないものが多いです。

構造はシンプルで、その分小型で軽量、安価なものが多いです。
この先使うかはわからないけど「今とりあえずミシンが欲しい!」という方にはちょうどいいです。

ミシンの動作を電子式でコントロールするのが電子ミシンです。
縫う力のコントロールも電子式なのでゆっくりでもパワーが一定です。
また、電子ミシンから縫い方の微調整ができるようになるので、その時の状況に合った使い方ができるようになります。
機能も充実してきて、自動で針が上で止まったり、ボタンで1針だけ縫う便利な機能も出てきます。
基本的なミシンの操作は電動ミシンとほとんど変わりませんが、できる事の幅が広がり、手間も減ります。

ミシンにもコンピュータの時代です。
電子ミシンと何が違うのか、という点は「自動」の部分です。
電子ミシン以上の調整や機能がついているのはもちろんですが、 ボタンホールや刺繍など、ほとんど人の手を使うことなくこなしてくれるのが電子ミシンとの大きな違いになります。

また、タッチパネル操作などで機能や使い方を選びやすくしている機種などもあります。



自動上糸調節

糸調子を自動的に合わせてくれる機能です。
生地の厚さや固さに応じて上下の糸の強さを 自動で調整してくれるので、この機能があれば、どんな生地でもおおよそ同じ感覚で縫っていく ことができます。
自動糸調整がなくても手動で調整することはできますが、合わせるのは なかなか難しいので初心者には自動上糸調節がついているモデルをオススメします。

裁ち目かがり

生地の裁断部分を縫うための機能です。
普通に縫ってしまうと使ってるうちに裁断部分から生地の糸がほつれてしまいますのでそれを裁ち目かがり縫いをすることで防止します。 一応端だけジグザグ縫いをすることで代用することもできます。

三重縫い

三重縫いは2歩進んで1歩下がる感じで縫ったところをさらに縫う運針をしてくれる機能です。
縫う回数が増えますのでズレにくく、強度も出ます。
力がかかりやすいバッグと持ち手の接続部分などに使用すると安心です。

ふり幅調整

ジグザグ縫いなどの縫い方を選択した際にその幅を調整できる機能です。
裏地はともかく表地は見栄えによって広くしたり狭くしたりする必要が出てくるので便利です。
ふり幅だけではなく縫い目の長さ(前後の長さ)を調整できるものもあります。

ドロップフィード

やや上級者向けの機能で、送り歯が出ないようにすることができる機能です。
送り歯が出ないことで自由な生地運び(フリーモーション)ができるようになり、通常のミシンでは作れない縫い目を出すことができます。
引っかかりやすい生地を縫う時にも使えます。



機種/機能
自動上糸調整 縫い模様数 裁ち目かがり 三重縫い ふり幅調整 速度調整 伸縮縫い フットコントローラー 刺繍機能 ケース
厚物から薄物まで、上糸調節が簡単 楽しさ広がる充実のバリエーション 簡単に布のほつれを防止 縫いかえしで丈夫な縫い目に ジグザグ縫などの幅を調整 スムーズにスピード調整が可能。 伸びる生地でも縫い目がちぎれない 足元で速度操作!両手が使えて便利。 難しい刺繍もミシンが自動でやってくれます 見た目スッキリ。ホコリも防げます